« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月30日 (日)

ナゲッツに敗れて9位転落

今日のナゲッツとの試合、ものすごく白熱していて良い試合でした。

ウォリアーズとしては、追われる立場とアウェイということもあり、かなり不利でした。

力が均衡してる時は、別の力が勝敗を左右する事が多く、オーディエンスの力借りたナゲッツがウォリアーズよりほんの少し、力が勝り勝利することができたのだと思います。

これからの残り試合は追う立場なので、昨年のように残し試合にベストを尽くせれば、自ずと結果が付いてくつると思います。

今日の敗北は、再度チームに気合を入れるのにちょうど良かったんではないかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

ロイがいないブレイザーズに圧勝!

M_ellis080328 昨日のブレイザーズ戦、ブレイザーズはオールスター選手のロイが負傷してこの試合は出場しない様子。

しかし、1Qは30-22とリードされ、2Qはウォリアーズが反撃を見せて1点ビハインドで前半を折り返した。後半はジャクソンの3Pで一気に差を広げ、ブレイザーズに111-95で圧勝しました。久しぶりに相手を100以下に抑えることもできました。

この試合でハプニングが起こりました。ルーズボールを奪いにいったブレイザーズのジャックが勢い余って観客席に突入。そのときに観客が食べていたポップコーンがジャックにぶつかって散乱。まだバケツに入っているポップコーンをジャックが食べていました。試合中ですが、観客と選手が一体になった瞬間を見た気がしました。

あと、モンティがフリースローの時、2投目をシュートすると見せかけてしなかったので、リバウンドを取ろうとした選手が飛び出してしまうということもありました。あれはどうなんでしょう?モンティは笑ってたけど(上の写真)、特に何も無くプレーが続いてたので、ファールじゃないんですね?

ウェスタンの7・8・9位の差が殆どない状態で、7位がノビツキーが負傷したマブス、8位がウォリアーズ、9位がこのところ調子の良いナゲッツが争っています。

残り試合数はマブス10、ウォリアーズ11、ナゲッツ10でウォリアーズはマブス・ナゲッツの直接対決が2回ずつ残っています。直接対決を落としたチームがプレイオフ進出ができないことになると思います。

ノビツキーのいないマブスが最終的に落選するような気がしますが、PGがキッドなので油断は禁物。ウォリアーズはマブス・ナゲッツ戦以外にスパーズ戦とホーネッツ戦も残っているので、一概に有利でもありません。

今年のウォリアーズは「WE BELIEVE!」から「DON’T STOP BELIEVING!」に変わってます。「信じることをやめないよ」。正にその通りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月27日 (木)

疑惑のモンティのファール

アウェイとホームのレイカーズ戦両方とも見ました。

どちらとも、白熱した良い試合でした。特に延長戦となったホームのレイカーズ戦は見ごたえがありました。

延長に入り、先にペースを掴んだのはウォリアーズで、アズブーキーの2本のフィールドゴールで優勢に試合を進める。流れを変えたのは元チームメイトのフィッシャーで長い2ポイントと3ポイントを決めて追いつき、更にオドムのドライブインとサーシャの3ポイントでリード奪われて、ホームで敗戦となりました。

最後のプレーで、果敢にスクリーンをかけてきたフィッシャーに対し、モンティが強引に突破を試みたが、それがオフェンスファウルを取られ、最後のチャンスをものにすることができなかった。見方によってはフィッシャーがホールディングしているようにも見える。いずれにしても、勝負を分けたプレーに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

It's show TIME!

Jackson080324 LAレイカーズの本拠地ステイプル・センター、ウォリアーズはこの場所で10連敗をしている。

レイカーズとは毎試合競っているので、こんなにも勝てていないとは意外でした。

試合の方ですが、1Qは両チームとも走って、34-30でウォリアーズがリードを奪いました。2Qはレイカーズが控え選手を起用した事もあり、一気に38-19と大きくリードをうばいました。この時点で72-49と23点差が開き、「勝負あり!」と思えました。

しかし、3Qで前半あまり目立っていなかったコービーが大爆発し、一気に15-32と攻め立て、あんなにあったリードが無くなってしまいました。

20点差以上の逆転劇は、開幕6連敗の時のピストンズ戦以来です。やはりレイカーズはパシフィックの首位を行くだけあり、ここぞというときの攻撃力がハンパではない。

4Qは両チームとも攻め続け、1点を争う好ゲームとなりました。最後はキャプテン・ジャックが3ポイントを立て続けに2本決め、粘るレイカーズに黒星を付ける事ができました。

ステイプル・センターの連敗も10で止める事ができ、引き続き明日もレイカーズ戦も必勝で頑張って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

接戦!ロケッツに敗れる。

ホームにロケッツを迎えての試合、ロケッツはとてつもない連勝を続け、ディビジョンの1位にまで上り詰めました。しかしこのゲームの前の試合ではセルティックスとホーネッツに負けており、調子が下降気味。

ウォリアーズもプレイオフまでの残り試合はかなり厳しく、どの試合も重要になってきている。

試合の方は、序盤こそ主導権を握ったように思われたが、2Qからロケッツのディフェンス力に思うように得点を奪えなく、ロケッツリードで前半を折り返す、後半も両チーム共決め手を欠いて、4Qの最後まで気の抜けない状態が続いた。終盤のボビー・ジャクソンの3ポイントがかなり効きました。次のレイカーズ連戦を考えるとどうしても勝ちたかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

クリッパーズに快勝!

Mp080320 今日のアウェイでのクリッパーズ戦、一度もリードを奪われることなく勝利することができました。

最近スタメン起用が多くなってきたMP(ミカエル・ピートラス)が15点12リバウンドと奮起し、ジャクソン(29点)、モンティ(28点)といった面々が得点を量産しました。

次の試合からかなりきつくなってきます。

ロケッツ(3位)、レイカーズ2連戦(2位)、ブレイザーズ(10位)、ナゲッツ(9位)、マブス(7位)、スパーズ(6位)、マブス(7位)と続きます。どれも皆強敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キングスにまさかの大敗!

ウォリアーズ、同じディビジョンのキングスとの対戦。

アウェイということで不利ではあるが、混戦のウェスタン・カンファレンスで生き残るには敗れる訳にはいかない。

試合は前半が一進一退の攻防となったが、3Qにマーティンを軸に3Pが面白いように決まり20点差が開き、4Qウォリアーズの追い上げもあったが3Qの点差が大きく、痛い敗戦となりました。

次の試合はクリッパーズ戦、こちらも同じパシフィック・ディビジョンのチームです。

ベテランガードのサム・キャセルを解雇し、若返りを図ったクリッパーズだが、油断は禁物です。

※コメント

キングスのミッキー・ムーア選手。ウォリアーズ戦もダブルダブルの活躍で今年飛躍の年を迎えている選手なのですが、向こうのアナウンスの発音がかなり面白く「マイキー・モー」と聞こえます。K-1のマイティー・モーがコートに遊びに来ているのかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月17日 (月)

サンズには惜しくも敗れたが、グリズリーズには快勝!

Mp_080316 サンズ戦、非常に惜しかったです。前半のリードが守れませんでした。サンズの3Qの爆発で意気消沈した形になってしましました。チームも連勝が途切れてしまいました。

今日のグリズリーズ戦ですが、お互いバランスのとれた攻撃で良い試合だったと思います。

勝負を決めたのは選手の試合に対する意気込みで、目標があるかないかぐらいでしょうか、今のグリズリーズは来年の為に若い選手に経験を積ませる事しかないはずなので。

3月の末はシーズンのクライマックスになりそうです。

21日 ロケッツ戦

23日 レイカーズ戦

24日 レイカーズ戦

27日 ブレイザーズ戦

29日 ナゲッツ戦

30日 マブス戦

となってます。ちなみにロケッツ戦の前の試合もキングスとクリッパーズなので、全てウェスタンカンファレンスのチームとの対戦になる訳です。しかもロケッツ戦からは超強豪が続きます。

ここさえ乗り切れれば、プレイオフも近いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

祝!40勝!!

M_ellis080313 ホームにラプターズを迎えた今日の試合、序盤から自慢のオフェンスが炸裂しました。

第1Qで35-17と18点差を付けて試合を優位に進め、デービスが23点15アシストと絶好調で33点をあげたモンティを後押ししました。

全く危なげない試合展開で、シーズンの40勝目をホームであげました。

現在40勝23敗でカンファレンス8位、7位に42勝23敗昨年カンファレンス1位のマブス、6位に42勝22敗で同じディビジョンのサンズとなってます。

ロケッツではないけれど、連勝街道に乗れば一気にシードまで上がれるチャンスがあります。しかしその逆もあり連敗すると、ナゲッツに抜かされプレイオフ進出が危うくなってきます。

今年ほどオモローなシーズンはないですね。できれば8位でPO進出して、1位のレイカーズをアップセットできればまた伝説ができるのではないかと思っています。

※全然バスケとは関係ないひとこと

明日、ソフトバンクから921SHが店頭に並ぶみたいです。

今ドコモを使ってますが、921SHが欲しいのでソフトバンクに乗り換えしようかと思っています。

この「921SH」何が凄いかというと、スライドタイプなんですが、ディスプレイ部にボタンらしきものが無く、タッチセンサーで操作することが可能なのです。

しかも、持つ方向に応じて自動で表示が切り替わるそうです。

それと、決め手になったのが「PCメール」を標準装備している事です。

色は黒・白・金・水色があり、かなり迷ったあげく金にしようと思ってます。

黒・・・無難だけど持ってる人が多そう

白・・・悪くはないけど、嫌なヤツとカブる

水色・・・女っぽい

金・・・地味なだけに個性的かも

という理由で決めました。

早くいじりたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 9日 (日)

マジックに勝った!連勝!!

B_davis080309 イースタン・カンファレンス3位のマジックとウェスタン・カンファレンス8位のウォリアーズが対戦しました。

3位と8位の対決なのですが、勝率はほぼ互角です。今年のウェスタン・カンファレンスのレベルの高さがうかがえます。

試合の方ですが、いつもながら出だしが悪くリードを許してしまいます。前半は47-55とリードされて折りかえしました。3Qデービスを中心に反撃を開始し、33-16で逆転に成功し逆に9点リードを奪いました。4Qはお互い一歩も引かず24-24でウォリアーズに軍配が上がりました。

デービスが33点9リバウンドと大活躍し復調の兆しを見せています。やはり、頼りがいがあります。

次の試合はラプターズ戦です。またイースタンのチームとの対戦となります。イースタンのチームには負けられないんです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

連勝は途絶えたものの、ヒートには大勝!

M_ellis080308 5連勝を期待して望んだボブキャッツ戦は前回の対戦で全くいいところが無かったJ-RICHがエースの意地を見せて、ウォリアーズの連勝を阻みました。

そして、今シーズンはもう終わってしまったヒートとの試合は、134-99と35点差をつけ圧勝しました。

今シーズンは勝ち越しチームと負け越しチームがはっきりしているので、ヒートのような負け越しチームとの試合を多く残しているチームが有利にな気がします。

次の試合はマジック戦です。強敵です。でも負けれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ホークスにリヴェンジを果たし4連勝!

B_davis080305 今日のホークス戦、前半はホークスのリードで折り返しましたが、ウォリアーズの攻撃力が衰えず逆転に成功して、終わってみれば135-118の圧勝でした。

全クォーター30点以上あげてます。この意味は控えも得点力があることを表しています。

MPが19点12リバウンド、ハリントンが13点と控えでありながら、十分過ぎる活躍を見せています。

今日はウェバーの活躍がなかったようです。私の思った通りウェバーの加入はチームにプラスになったようで、ここ10試合では8勝2敗です。プレー時間は短いですが精神面大きなプラスになっているようです。

次の試合はボブキャッツ戦です。

J-RICH加入でプレイオフの可能性があったのですが、G-FORCEの怪我があって今年も厳しくなってきました。前回の対戦はウォリアーズの圧勝でしたが、アウェイなので油断は禁物です。これに勝つと5連勝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

ブレイザーズを接戦で下し、3連勝!

M_ellis080303 ポートランド・トレイルブレイザーズをホームに向かえた今日の試合、ウェスタン・カンファレンスで8位枠を争うチーム同士の対決であり、一進一退の攻防となりました。

勝負を決めたのは、キャプテン・ジャックで11本中6本のスリーポイントを決め、29点をあげて勝利に貢献しました。

また、今日も先発出場を果たした、ルーキーのブランダン・ライトですが出場時間こそ18分ですが、13点7リバウンドと潜在能力の高さを見せ付けることができたんではないかと思います。

モンティも22点10リバウンド6アシストと、縦横無尽に活躍していたのが目に浮かびます。

最近のウェスタンの勢力図が変わってきてます。

サンズはシャックが入り負けが多くなってきている。マブスもキッド加入後の成績が芳しくない。両チームともウォリアーズとの差がなくなってきている。

オールスターまでは、レイカーズと争うのでは?と思っていたけど、レイカーズはガソルが加入してから優勝する勢いでディビジョントップをひた走っている。

ロケッツもついこの前までは、ウォリアーズの下の9位だったのに15連勝をあげて一気にマブスも抜き差ってしまいました。でも、ヤオ抜きでどこまでこの好調を維持できるかは注目です。

次の試合は、ホークスです。前回は全くダメだったので、リベンジを果たして欲しいです。勝てば4連勝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

久しぶりの連勝!

B_wright080301 シクサーズとの試合、危なげなく勝利しました。

ビーエドリンスが盲腸の手術で欠場しているので、センターにウェバーを据えPFにはハリントンではなくブランダン・ライトを先発起用しました。

ライトの先発起用はオールスター後では2回目で、若い選手の育成と考えてもいいんではないかと思います。そのライトはこの試合で12点、7リバウンドとまずまずの成績でした。

忘れてはならないのが、控えの選手たちの活躍でMPがチームハイの21点、バーンズが10リバウンドと勝利に貢献しました。

次の試合はブレイザーズです。以前の勢いは無いものの先日レイカーズを破っているので、要注意です。これに勝って3連勝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »