« アーテスト不在のロケッツに完敗。 | トップページ | 良くない負け方。せめて100点は取れ! »

2008年12月15日 (月)

勝負が決まるのが早すぎる。ナゲッツ戦

今日のナゲッツ戦は、3Q終了時には25点差でリードされていたので、何かせっかくの日曜日が台無しになってしまいました。

その気分を更に悪化させるように、ニックスのアルやサンズのJ-RICH、バーンズが移籍先で期待に応えている。アルやバーンズはウォリアーズ時代は正スターティングメンバーではなかったのに、移籍先ではスターターを任されている。あまり良い気分はしない。

前回のロケッツ戦からテュリアフとライトが試合に出場してません。どうしたのでしょう?

マゲッティはハムストリングの負傷ですが、近いうちに復帰できそうです。

今年の冬はいつもより寒いかもしれません。

|

« アーテスト不在のロケッツに完敗。 | トップページ | 良くない負け方。せめて100点は取れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182228/26192761

この記事へのトラックバック一覧です: 勝負が決まるのが早すぎる。ナゲッツ戦:

« アーテスト不在のロケッツに完敗。 | トップページ | 良くない負け方。せめて100点は取れ! »