« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

ピストンズに逆転勝ち!

Curry_tolliver100228 ウォリアーズ、シクサーズとナゲッツに敗れ、またしても連敗してしまいました。

勝利すると気が緩むのか、連勝がなかなかできません。

今日のピストンズ戦も、1Qで14点、2Qで23点しかできず、前半を50-37で折り返しました。37得点は今期ワーストだと思います。

モンティとマゲッティが出場できない状態なので、逆転が難しいと思えましたが、カリーを中心に試合を作り、トリヴァーの大活躍もあり逆転に成功して、連敗を食い止めました。

トリヴァーが19得点・14リバウンド、カリーが29得点と勝利に貢献しました。

モンティがいない方が、勝率が高いのでは?と思う人がいるかもしれない。これは私の意見ですが、モンティは本来凄くシュートセレクションが良い選手で、過去にもガードの選手ではありえないようフィールドゴールの高さを誇っていました。(6割を超える月があったはずです)

モンティは間違いなくエースではなくシューターだと思います。彼にエースとしての責任を負わせることで、無理なシュートを乱発したり、今まで少なかった3ポイントまで積極的に打ってます。(周りの高確率の選手に任せた方がいいのに・・・)

ウォリアーズのような攻守交代の回数が多い試合をしているチームは、FGの確率の良し悪しがもろに勝敗に結びついてくるので、結果論としてモンティがいるときは勝ち星が付かないのでしょう。

モンティのいない間、一人気を吐いていたルーキーのカリーですが、カリーは得点能力があり、又自分以外の選手を生かすのが得意な選手です。モローやCJの外角のシュートが生きるのは、カリーのパスセンスだと思います。

モンティとカリーが同時に出場している時は、どうしてもカリーのアシストは減ります。モンティがボールを持ちすぎる為です。

チームの為には、絶対的なエースを獲得し、モンティの精神的負担を取り除いてあげることが、チーム再建への近道だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

ホークス相手に18点差を大逆転!

Monta_curry100222 ウォリアーズ、イーストで勢いのあるホークスとの対戦。ホークスはクロフォードをウォリアーズからトレードで獲得し、今ではベテランと若手がうまくかみ合い凄く良い感じで来ています。クロフォードも6thマン賞を獲得できそうな活躍ぶりです。(ウォリアーズの時にこれぐらい活躍して欲しかった・・・)

今日の試合は、ホークスに離されてはウォリアーズが追いつく展開で、前半を2点ビハインドで折り返した。ウォリアーズの苦手とする接戦の感じがしていたが、3Qで18点差をつけられ万事休すかと思った4Qにウォリアーズが怒濤の攻撃を見せました。18点差を残り6分で2点差まで追い上げ、カリーの3Pやモンティのスティールで逆転に成功!苦手な接戦をものにしました。

この試合では、カリーが32得点・9リバウンド、モンティが26点・5リバウンド・5アシスト、そして最近調子の良いCJがベンチから15得点・6アシストを決めウォリアーズが誇るガード陣が大活躍し勝利をものにしました。

今日もマゲッティトゥリアフが欠場で、主力選手がなかなか揃わず本調子ではありませんが、連敗が減ってきているのでスランプは脱出したみたいです。

次の試合はシクサーズなので、久々に連勝を期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

すいません

T-MACのトレードの件はまだ決定ではなかったみたいです。

誤解を招く記事を書いて申し訳ありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

CJの大爆発でキングス粉砕!

Cj100218 オールスターも終わり、後半の巻き返しを図りたいウォリアーズですが、モンティが故障でエースを欠いており、苦戦を強いられそうな予感が漂ってますが、今日のキングス戦は不安が吹っ飛んだ結果となりました。

モンティの代わりにスタメン起用されたCJが、キャリアハイの40得点(7リバウンド・6アシスト)を稼ぎ出し、最近調子が乗っているカリーが24得点・15アシスト・6リバウンドで勝利に貢献しました。

最終スコアも130-98と前々回のクリッパーズ戦に続く30点以上の大差をつけての圧勝とウォリアーズらしい勝ち方ができました。

今日の対戦相手のキングスですが大型トレードがありました。ロケッツとT-MACとケビン・マーティンを含む合計7名のトレードです。どちらが良かったかは解りませんが、主役だった選手が故障で若い選手の台頭で出番がなくなった感じなので、新天地での活躍を期待する形だと思います。

又、ウォリアーズのOBであるウィザーズのアントワン・ジャミソンがキャブスとクリッパーズとの三角トレードでキャブスに行きました。そのトレードでイルガウスカスがウィザーズ、クリッパーズはグッデンを獲得しました。

キャブスが一気に強くなった気がします。注目です。

トレード期限が迫っていますが、今年のウォリアーズはもう勝負が見えているので、あまり動かない方がいいと思いますが、意外とマゲッティやモローとかは優勝争いをしているチームから見ると魅力的に見えそうです。

次は好調なジャズ戦です。相手を勢いを加速させないように頑張って欲しいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

2010オールスターのウォリアーズ選手

2010オールスターの前夜祭が開催されました。

昨年と違い今年は、ルーキー対2年目の対戦でモローとカリーが選出され、3ポイントシュートアウトでもカリーが選ばれ、ウォリアーズ選手の活躍が見られるということで、楽しみが多い祭典となりました。

Allstar_curr_morr_2 ルーキー対2年目の対戦は、ルーキーチームが大健闘して140-128で2年目チームに勝利しました。ルーキーチームのカリーは14点、2年目チームのモローは16点をあげましたが、ブレイクとはいきませんでした。

MVPはキングスのエバンスが選ばれました。

3ポイントシュートアウトAllstar_curr_pierce_3は、期待のカリーが予選17得点で決勝に進出しました。決勝に駒を進めたのは、ボストンのピアスとデンバーのビラップス、そしてウォリアーズのカリーで勝負師対若きサラブレットの対決となりました。

カリーは予選と同じ17得点で惜しくも2位。優勝は20得点をあげたピアスが念願を果たしました。

オールスター前夜祭2日でステファン・カリーの名は全世界に知れ渡りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

連敗止めた!カリーがトリプルダブルの大活躍でクリッパーズに圧勝!!

Curry100211_2 クリッパーズをオラクル・アリーナに迎え、ホームで9連敗の終止符を打ちたいウォリアーズ。

しかし、得点源のモンティとマゲッティを怪我で欠いているので、逸物の不安がよぎる。

不安をよそにウォリアーズは、1Qから走り38-20で18点差を序盤からつける。2Qも18点差をそのままキープし前半を折り返す。

そして3Qにビッグイニングを演じ、46-28とこのクォーターだけでさらに18点差をつけ、得点差を36点とし勝利を決定付けました。

最終スコアGS132-LAC102で圧勝し、長かった9連敗を止めました。

この試合では、カリーが絶好調で36点・10リバウンド・13アシストとトリプルダブルを達成しました。そして帰ってきたスコアリングマシン、モローが26得点・10リバウンドでダブルダブル、新加入のトリバーも29得点と若い力が大活躍しました。

何よりも勝ててほっとしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 9日 (火)

泥沼。9連敗・・・

ウォリアーズ、全く調子が上がってきません。今シーズン最長の9連敗で、ウェスタン・カンファレンスの最下位ウルブスと勝ち数が並び、底が見えてきました。

9連敗中は、

サンズ 103-112

キングス 96-99

ホーネッツ 110-123

ボブキャッツ 110-121

サンダー 104-112

ロケッツ 97-119

マブス 101-110

サンダー 95-104

マブス 117-127

と、恥ずかしながら接戦という試合もありません。

連敗中にマゲッティが話してましたが、スタメンを固定できないのが原因なのかもしれません。

今日もモンティがドライブをして転倒し、ロッカールームに戻っていくシーンがありました。

モンティは最近怪我が多く、長期欠場にならない事を祈りますが、なかなか本来のチームの形になりません。今年のウォリアーズは呪われているのかもしれません。

そんな悪い雰囲気の中、モローがブルズのローズの代わりにオールスター2年目チームに出場することになりました。ルーキーチームにはカリーがいますが、両選手とも頑張って欲しいです。ルーキー対2年目の試合で活躍するとブレイクする可能性が高いので。

あと、3ポイントシュートアウトでカリーが出場する事になりました。これは以外でした。3ポイントと言えばカリーよりモローのような気がしますが、モローは故障中だったから外されたんですね。

カリーは本命ですね。今回選ばれた選手の中で一番スリーポイントの成功率が高く、フォームが教科書のようにきれいなので。親父も3Pシューターだったしね。

次の試合は、クリッパーズ戦です。

クリッパーズは先日、ダンリービー監督を解雇したばかりです。ダンリービー監督は個人的には好きなんですけどね。マジックが居たときのレイカーズをファイナルまで牽引したんですが、クールなんだんけど熱いガッツポーズをするのが最高に決まってました。

ダンリービー監督のいないクリッパーズ戦で、10連敗だけは阻止したい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »